Cloud and IT Design Project




Arduinoコントロール可能テーブルタップ開発(Arduino对应智能控制插座)

Category : Optical Dust Sensor · by 1月 2nd, 2015

テーブルタップがArduinoで制御出来れば家電を扱いやすいはず。

そこで、Arduinoで家電を制御する簡単な方法として、テーブルタップを格安で改造してみた。

中国語で名付けて、「Arduino对应智能控制插座」

購入品

リレーモジュール

  • 5V继电器 单路 继电器模块 5V强电控制220V 继电器扩展 Arduino
  • 小型で、ArduinoデジタルPinをOutputモードにするだけで制御可能。

スクリーンショット 2015-01-02 1.56.34

テーブルタップ

  • 插座松鑫电器 (SX-609)

中国の街の万屋ならどこでも売っているようなものです。

IMG_4375

仕様

  • 上三段の二口コンセントは、Arduino制御用にリレーに関係なく常時ON。
  • テーブルタップのオレンジの電源ボタンはすべての電源を切る。
  • テーブルタップに標準で付いているLEDはリレーの電源がONになったときに点灯するようにする。

開発

仕様通りに動くように、ふたを開けてリレーを実装し、配線をちょちょっと改造。

配線はショートしないように工夫してください。

配線は、テーブルタップ付属の線を切って作ってください。

IMG_4374

電源の穴から制御用の通信線を通します

IMG_4373

回路図

実際はディジーな接続になっていますが、概念として、、上三つはArduino給電用

スクリーンショット 2015-01-02 1.37.42

完成図

見た目は超ドローカルなテーブルタップ。でもインテリジェントな線が3本出てます。

上三つのコンセントは常時電気が来ているので、Arduinoの給電に利用。下三つはリレーでON、OFFをします。動作モードは、安全のために、常時OFFで、Arduinoの制御をしたときだけONになるようにしました。

IMG_4377

リレー基板の参考Code

以下、CTRHをArduinoのデジタルPin2に接続し、残りは、VCCを5V、GNDをGNDにつなぐ。超簡単。

SHARE :