Cloud and IT Design Project



Laravel 5 ユーザー認証機能を動かしてみる

Category : Laravel5, 未分類 · No Comments · by 2月 8th, 2015

この記事はLaravel 5 リリース後のLaravel Framework version 5.0を元に記載しています。

laravel 5 には、ユーザー認証機能があらかじめ実装されています。

そのままでは利用できないので、実際に利用してみましょう。

まず、データベース設定をします。

.envファイルという隠しファイルにMysqlアカウントを追加します。

 .Laravelは、Vance Lucasさんにより作成された、DotEnvを活用しているので、朝飯前です。インストールしたてのLaravelでは、アプリケーションのルートディレクトリーに.env.exampleファイルが含まれています。Composerを利用してLaravelをインストールしたら、このファイルは自動的に.envへリネームされます。Composerを使用しない場合は、自分で名前を変更してください。

準備できたら、マイグレーションファイルがL5には最初から存在してるので、

app/database/migrations/2014_10_12_000000_create_users_table.php

app/database/migrations/2014_10_12_100000_create_password_resets_table.php

以下を実行するだけで、このマイグレーションファイルを元に、必要なデータベーステーブルが作成されます。

http://localhost:8000/auth/register

にアクセスして、ユーザー登録します。

登録したIDとパスワードでログイン出来ましたね!